LP(ランディングページ)の制作費用と料金相場を解説【必要な要素も】

LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)を作りたいが

  • 作成における料金相場はどれくらいなのか?
  • 見積もりを取ってみたら、予想以上の金額が・・・
  • 外注を考えたが制作会社が多数あって、どこに頼めばいいか迷う

このようなお悩みはありませんか?

今回の記事はLP(ランディングページ)の制作費用と料金相場を知りたい方に向けて書いた記事となっています。

ランディングページ制作における「ランディングページに必要な要素と注意するポイント」、「制作費用を抑える方法」についても紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。

1.LP(ランディングページ)の制作費用・料金相場

LP(ランディングページ)の制作費用・料金相場

どのサイトにもよりますが、制作時の費用は何を目的にするのかで大きく変わります。

ざっくり言うなら

  • シンプルなデザインを用いたLP→ 10~30万円
  • オリジナルデザインでこだわったLP→ 30~60万円

上記のようなイメージです。

下記に目的別の詳細表になります。

目的費用納品後のサポート
コストを最小限に抑えたLPが欲しい5~10万円基本的にはなし
デザインには多少こだわったLPを作成したい10~50万円一部サポートあり
Web広告を使って本格的なLP運用を行いたい50~100万円サポートあり

ランディングページは特定の商品やサービスを売ることに特化したサイトになりますので、事前の設計と作成したあとの運用イメージを考えておくことが料金の差に繋がります。

2.LP(ランディングページ)制作の設計と運用イメージ

LP(ランディングページ)制作の設計と運用イメージ

この項目では実際の設計と運用イメージについて解説します。

  1. 売りたい商品やサービスのターゲット層を決める
  2. ターゲットの悩みやサービスを受けた時のメリットを言語化し、LP内のコンテンツに盛り込む
  3. ターゲットのユーザー属性に最適な広告媒体の選定
  4. LPの内容に適した広告文を作成し、広告掲載開始
  5. ページのスクロール率や熟読率を計測し、A/Bテストで改善
  6. レポートなどで掲載成果を確認し、5と6を繰り返す

上記が実際の設計から運用までのおおまかな流れになります。

この流れの中でどこまでを自分でやるのか、どこの部分を制作会社に任せるのかで実際の費用が変動します。

一般的に1~6までを実施する、いわゆる「ランディングページ最適化(LPO)」の作業を全て制作会社に任せると、50~100万円ぐらいの初期費用、もしくは年間計算で同程度のランニングコストが掛かると考えていいと思います。

3.LP(ランディングページ)に必要な要素

LP(ランディングページ)に必要な要素
ランディングページのワイヤーフレームの例:https://glatchdesign.com/blog/btob-lp-framework/

一般的なLPは1ページのみの縦長構造のサイトになりますが、アクセスしたユーザーに対して、購買意欲を掻き立てるようなストーリー構成が必要です。

そのストーリーを構成する上でLPに配置する代表的な要素をご紹介します。
もちろん商品やサービスによって、これらは若干変わってきますが、基本的にはこれらの要素で構成されていることが多いです。

3-1.ファーストビュー(FV)

LPにパソコンやスマホでアクセスした時にユーザーが画面をスクロールせず、初めに目にする一番重要な箇所です。

ファーストビューが悪いとユーザーの70%がサイトを見ずに離脱すると言われています。

3-2.共感・悩みの明確化

こんなお悩みはありませんか?」といった、ユーザーが実際に困っていることを掲載することで、共感を得ることができ結果、ユーザーとの距離を縮めることができます。

ファーストビュー(FV)」と「共感・悩みの明確化」でユーザーがこのランディングページに対して興味が湧き、最後の部分までページを読み進めてくれる確率が上がります。

3-3.ベネフィット

ベネフィットとは「ユーザーが商品やサービスを購入することで得られるメリット」のことです。

ランディングページにアクセスするユーザーはすでに購入する商品やサービスは決まっていることが大半なため、実際はサービスの内容よりもサービスを受けたあとの自分の将来の姿を想像したいのです。

サービスの特徴だけを載せるのではなく、ベネフィットを伝えられるような内容を意識することが重要です。

3-4.実績や事例の紹介

ベネフィットの箇所でユーザーの購買意欲を掻き立てたところで、必要になることはその商品やサービスに対する信頼性です。

基本的に人間というのは自分にとって良い話があると、なにか裏があるんじゃないか?と疑心暗鬼になるのが人間の心理です。

そのため、商品やサービスの信頼性をアピールするために実績や事例を紹介するのが一般的な施策になります。

3-5.お客様の声

商品やサービスを実際に購入したユーザーの声などを掲載することで、ランディングページ自体の信憑性が上がります。

一つ前に説明した実績や事例、今回のお客様の声などは、BtoB業種などの場合「秘密保持契約」の関係で掲載できない場合もあると思います。

その場合は社名を伏せる特定できるような写真は使わずイメージ写真を使用する、などの形式で載せるのも一つの手です。

その形式で載せる場合でも念の為、先方には事前に掲載してもよいか確認を取るようにしましょう。

3-6.購入までの流れ

商品やサービスに興味があるユーザーは、実際にお問い合わせや申し込みをしてから利用するまでの流れがどうなっているのか、全体の流れを把握したい気持ちが生まれるものです。

この流れは簡潔に書くことが大事で、詳細に書きすぎるとユーザーが「なんか難しそうで面倒くさいな」というイメージを与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

3-7.FAQ(よくある質問)

ここまではサービスを提供する側から一方的に情報を提供するのみでしたが、FAQでユーザーからのよくある質問を掲載することで、ユーザー目線の悩みや疑問点を解決し、購入前の検討段階にいるユーザーの背中をひと押しする要素となります。

3-8.今、購入をしなければいけない緊急性

ランディングページにおいて緊急性を示すのは、購入に対して最後のひと押しとなる重要な部分です。

緊急性を示す代表的なキーワードとしては

  • 期間限定」、「数量限定」などのキャンペーンワード
  • 会員登録不要」、「お問い合わせの入力が~秒で可能」などの心理的負担を軽減ワード

商品やサービスの魅力を伝えきった段階で、これらのあとひと押しのワードを盛り込むことにより、ユーザーに「今買わないと損!」と感じさせ、購買行動に導くことができるようになります。

3-9.コンバージョンボタン

コンバージョンボタンとはランディングページでアクセスしたユーザーにとってもらいたい行動(お問い合わせやお申し込みなど)に誘導するための窓口のようなものです。多くのサイトはボタンのようなデザインを採用しています。

コンバージョンボタンはランディングページの馴染みすぎないような配色を用いることが有効です。ボタンの表示名は「~はこちら」ではなく、「お問い合わせする」、「無料で相談する」などのユーザーの実際の行動をボタンの表示名にするのがおすすめです。

4.LP(ランディングページ)の制作費用を抑えるには?

LP(ランディングページ)の制作費用を抑えるには?

これはランディングページに限らず、コーポレートサイトやECサイト作成の時などにも共通する点なのですが

  • 一部の作業(画像の用意や文章の作成)を発注側が用意する
  • 多数の制作会社に見積もりを取る
  • 作成後の保守管理などの運用を自社で内製化する

一部の作業(画像の用意や文章の作成)を発注側が用意する」に関しては、そもそも自分達で画像やテキストを用意できる時間があるのなら、自作でランディングページを作成する形を取るはずですし、「多数の制作会社に見積もりを取る」は制作会社に対して、打ち合わせ時に過度な価格交渉をしてしまいがちなので、結果的に制作会社からの信頼を失ってしまい、発注できたとしても制作に支障をきたす可能性もあります。

最後の「作成後の保守管理などの運用を自社で内製化する」は3つの案の中で一番おすすめです。

ホームページやWebの知識がゼロの状態の場合だと、いきなり自社で運用するのは難しいと思います。

最初はプロに任せる形を取り、スクロール率や熟読率の解析方法やA/Bテストの実施、いわゆる「LPO」の実践を見て学び、徐々に内製化をするのを目指します。

その後、自社で運用できるタイミングになったところで、自社運用に切り替えるのがおすすめです。

その際は前提条件として

  • 契約の縛りがない(途中でいつでも解約可能
  • 将来的には自社で内製化をしたいこちら側の希望を取り入れてくれる

このような制作会社を選定するのが良いと思います。

最後に

本記事ではランディングページ(LP)の制作費用と料金相場を解説しました。

本記事で書いた制作前の準備や確認するポイントを意識しながら、自分に最適な制作会社を選定してください。

別の記事でホームページやWebサイト全般の制作を依頼する前のチェックポイントをまとめた記事も書いたので、よろしければ御覧ください。

最後に当サイトのウェブグロースなら

  • 競合サイトのリサーチによる、必要ページやコンテンツの事前準備
  • ユーザーのターゲット層、ベネフィットなどを設計段階でしっかり盛り込み
  • サイト納品後も継続的なランディングページ最適化に対応
  • 1ヶ月前のご連絡なら、いつでも解約可能

上記のような制作手法、条件でLP(ランディングページ)の制作が可能です。

ランディングページ制作に悩んでいる方は、無料での相談を受け付けてますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。