SEO対策を依頼する際の費用相場を種類別に解説【外注先を選定する時の注意ポイントも】

SEO対策の費用と相場を種類別に解説【外注の選定ポイントも】

Webサイトを運営する中で

  • SEO対策をお願いされたがSEOの知見がない
  • 自分でSEO対策するのは時間的に厳しいので外注で依頼したい

このようなお悩み、要望をお持ちの方のために本記事では「SEO対策の費用と相場」をそれぞれ対策の種類別に解説します。

SEO対策を外注する場合の

  • おおよそどれくらいの費用が掛かるのか
  • SEO対策の種類でどれが自分にあっているか
  • SEO対策を外注する際の選定ポイント

これらが分かる記事構成になっていますので、最後までお読みいただけると幸いです。

また別の記事でSEO対策についての基本となる要素を簡潔にまとめた記事もありますので、よければ御覧ください。

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。

1.SEO対策の費用相場

SEO対策の費用相場

SEO対策を代行してくれる会社はいくつもありますが、それぞれ内容や費用形態も様々です。

まずはSEO対策の種類別の費用相場と費用形態の一覧表を見ていきましょう。

SEO対策の種類対策内容費用形態費用相場
コンテンツSEO対策コンテンツ(記事)作成によるアクセス数アップ月額固定型 or 成果報酬型【月額固定型】
月10~50万円
【成果報酬型】
記事単価(数千円~数万円)×記事作成数
内部SEO対策タグの構造やサイト表示速度の最適化一括支払い型10~30万円
外部SEO対策外部リンク(被リンク)獲得月額固定型 or 成果報酬型【月額固定型】月1~30万円
【成果報酬型】
月10~100万円
総合型SEOコンサルコンテンツの企画設計、サイト最適化、被リンクの獲得など幅広く対応月額固定型 or 成果報酬型【月額固定型】
月30~50万円
【成果報酬型】
月100万円以上

この一覧表に沿って、次からは「費用形態」、「SEO対策の種類」についてそれぞれ詳しく解説していきます。

2.SEO対策の費用形態

SEO対策の費用形態

SEO対策の費用形態には大きく分けて

  • 月額固定型
  • 成果報酬型
  • 一括支払い型

これらの種類に分類できます。

ここからはそれぞれの費用形態について解説していきます。

2-1.月額固定型

月額固定型は毎月決められた費用を支払って、コンテンツの設計と作成、外部リンクの獲得などを行ってもらう費用形態となります。

その他、月1回のレポート提出などのフィードバックを受けて、様々な提案をしてくれる会社も存在します。

月額固定型の場合は、一般的に最低契約期間が決められているケースが多いですが、SEO対策をする上では結果が出るまで、早くて半年~1年ぐらいは期間が掛かるので、このぐらいの契約期間であれば、問題ないと思います。

2-2.成果報酬型

成果報酬型は検索順位を上げたいキーワードをこちらで指定し、そのキーワードでの上位表示(10位以内が一般的)が行われた時点から、日数計算で費用を支払う費用携帯となります。

成果が出てから報酬を支払う形になるので、依頼側からしたらメリットのある費用形態になりますが、上位表示1日あたり1万円ぐらいの相場が基本ですので、上位表示し続けるほど、費用が高額になってしまうので注意が必要です。

しかし近年、キーワードの種類によっては、上位表示が困難なケースも増えてきたこともあり、この費用形態を採用しているSEO対策会社は少なってきているのが現状です。

さらにこの費用形態を採用している会社でも、外部リンクを購入して検索順位を上げる違反行為を行う会社も中にはあるので、対策会社選定の際はこちらも注意が必要です。

2-3.一括支払い型

一括支払い型は一時的なスポットでの対策実行で一定の費用を一括で支払う費用形態になります。

こちらはある一定数量のコンテンツ作成や内部対策実施など、単発型の施策実行になりますので、試しにSEO対策を行ってみたいという方には最適だと思います。

ですが、先程もお話した通り、一般的にSEO対策の効果が出るまでには一定の期間を費やすので、目に見えるような効果は期待しないほうがいいかもしれません。

3.SEO対策の種類

SEO対策の種類

SEO対策は細かく分けるとたくさんの種類があるので、ここでは大きく4種類に分類した対策をご紹介します。

3-1.コンテンツSEO対策

コンテンツSEO対策は、現在のSEO対策で最も王道かつ、効果が出る施策となります。

こちらは毎月一定数の「コンテンツ(記事)作成」を依頼する内容になります。

対策会社によっては「キーワード選定」や「コンテンツの企画・構成」なども支援に含まれている場合があります。

3-2.内部SEO対策

内部SEO対策とは、「サイト内のタグ構造」、「データの記述」、「サイトの表示速度」などの見直しを行い、検索エンジンに対してサイト評価を上げれるように最適化することを言います。

いくら良質なコンテンツを作成しても、内部対策が不足しているサイトでは良い効果が得られないので、サイトの土台作りとして内部SEO対策は必要になります。

サイト作成時点から特に内部対策を行わずにそのまま運営してきているサイトなどには効果がある施策と言えます。

3-3.外部SEO対策

外部SEO対策は、他サイトからリンクをもらう、いわゆる「被リンク」の獲得を行う施策となります。

被リンク対策というのは非常にシビアな対策となっていて、不自然な被リンク獲得をやりすぎると、Google側から違反行為とみなされ、最悪の場合、検索順位の低下というペナルティを受けてしまうので注意が必要です。

正直これらの判断軸としては「Googleのガイドラインに違反していない」というのが前提にはなりますが、自然な被リンク、不自然な被リンクの境界線はあいまいなことが多いので、これらのデメリットをしっかり把握してから外部対策を依頼するようにしましょう。

3-4.総合型SEOコンサル

今まで説明してきた「コンテンツSEO対策」、「内部SEO対策」、「外部SEO対策」を総合的に行ってくれる施策内容になります。

SEOで成果を上げるには、もれなく全てのSEO対策を行うことが必要なので、一番効果がある施策プランとも言えます。

対策会社によっては作業範囲が細かく違うので、依頼する際はどこまでが作業範囲なのかを事前に確認するようにしておきましょう。

4.SEO対策会社を選定する際の注意ポイント

SEO対策を外注する際の選定ポイント

実際にSEO対策会社の選定の際に、失敗しないためのポイントをいくつか説明します。

何度も言いますがSEO対策の成果で出るまでには、ある程度の期間が必要になるので、長く付き合える良質な対策会社を選ぶのが最も重要になります。

4-1.上位表示などの成果を保証する会社

SEO対策会社のキャッチフレーズで「必ず上位表示させます」、「成果を保証します」といった謳い文句には注意が必要です。

SEO対策というのはGoogleのコアアップデートや競合サイトとの相対評価など、変数が多くあるので、成果が必ず出る保証はありません。

ちゃんとした対策会社ほど、「成果が出る保証はできません」としっかり事前に説明してくれます。

4-2.SEO対策のデメリットをしっかり説明してくれる

前述の項にも共通することですが、SEO対策には様々な変動要素があるので、せっかく長い期間を掛けてSEO対策を行って検索順位が上がったのに、一週間後には順位が落ちてしまうといったことが普通にありえます。

これらのデメリットをしっかり説明してくれるのは、信頼できる対策会社の判断要素になります。

4-3.一方的に契約期間を定めてくる会社

SEO対策の結果が出るのが一定期間後になることを盾に、対策会社側から一方的に「◯年契約でお願いします」、「途中解約は不可でお願いします」などといった契約を打診してくる対策会社が存在します。

このような対策会社と契約すると、思った以上に成果が出なくて、途中で契約を打ち切る場合などに揉める可能性が出てくるので注意が必要です。

契約期間は最低でも「半年から1年」、もしくは強制力はなく「なるべく◯ヶ月は様子を見てほしい」といった説明をしてくる対策会社を選ぶのをおすすめします。

最後に

本記事では「SEO対策の費用と相場」、「SEO対策の種類」、「SEO対策会社を選ぶ際の注意ポイント」、これらについて解説してきました。

この記事の内容を参考に、自分に合った対策会社を選んでいただけると幸いです。

最後に当サイトのウェブグロースでは

  • 月額10万円でコンテンツの企画、作成まで実行
  • 契約期間の縛りはなしで、成果が出なければいつでも解約可能
  • 月間5万PV以上のメディアサイト制作実績多数あり
    ※大手メディアサイトに負けない、実現性が高いSEO対策

このような内容でSEO対策のサポートが可能です。

SEO対策に悩んでる方に向けての無料相談も受け付けてますので、お気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。