ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼する時の注意点【メリットとデメリット・相場付きで解説】

ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼する時の注意点【メリット・デメリット付きで解説】

近頃、フリーランス(個人)でWeb制作を事業として行っている人達が増えています。完全に独学から独立した人や、制作会社勤務を経て独立する人まで様々です。

ホームページ制作発注を検討している人の中には「フリーランスの人に発注すれば低コストに収まりそう」、「制作会社と比べると信頼感がない?」といった疑問や悩みがある人もいるのではないでしょうか?

この記事では

  • そもそもフリーランス(個人)に発注しても大丈夫なのか?
  • 発注する時は何に気をつけるべきか?
  • 良いフリーランスはどこで見つけるのか?

上記のような「ホームページ作成をフリーランスに発注する時のポイント」を解説した記事になっていますので、よかったら参考にしてみてください。

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。

1.ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼するメリット

ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼するメリット

はじめにフリーランスにホームページ作成を発注する際のメリットから説明します。

1-1.制作料金が比較的安い

フリーランスに発注する際の最大のメリットとも言えるのが制作料金を安く抑えられることでしょう。

※【制作会社とフリーランスの料金相場】

  • 制作会社 → 50万円~100万
  • フリーランス → 20~50万円

もちろん例外はありますが、一般的には上記の相場感となります。

フリーランスがなぜ安く案件を受けれるのかの理由ですが、まずWeb制作の業界構造から説明する必要があります。

Web制作業界は一般的に超下請構造の業界です。全ての制作会社がそうだとは言い切れませんが、大手制作会社に発注すると実際は末端の3次受け、4次受けの制作専門会社、もしくは外注先のフリーランスが業務を遂行するというパターンがあります。

これにより各会社間で中間マージンが発生し、結果的に制作費用が高くなってしまう傾向があるのです。

大手制作会社と比べてその点、フリーランスに直接依頼するとなると、そのような事が起きませんので、結果的に費用を安く抑えることが可能になります。

1-2.コミュニケーションが素早く円滑に進みやすい

一般的に制作会社に仕事の依頼や連絡をすると、依頼先の会社都合や独自の連絡フローに合わせて連絡のやり取りが進んでいくので、全体のスピード感があまり早くありません。

フリーランスはそのような縛りがあまりないので、ちょっとした連絡や修正依頼などにも素早く対応してくれるのがポイントです。

1-3.小さな案件や対応業務なども気軽に相談可能

あまり予算を掛けれない小規模な案件や細かくて小さな業務の依頼などを制作会社に依頼するのは、業務中の連絡のやり取りや業務が完結するまでの全体の時間がかなり掛かってしまうケースがほとんどです。場合によってはその案件自体をコスパが悪いなどの理由で受けてくれないケースもあります。

一般的にフリーランスは小さな案件でも、ヒアリング、見積もり提出、案件着手まで素早い対応をしてくれるケースがほとんどです。

1-4.土日祝日、時間帯問わず仕事の依頼が可能

フリーランスではない方がこれを聞くと「え!?フリーランスってブラックじゃん」という感想を持ってしまうかと思いますが、一般的にフリーランスで仕事を請け負ってる人で、土日祝日や時間帯などの世間一般的な業務時間感覚に縛られているフリーランスはいません。

むしろそういう世間一般的な業務時間のタイミングでの連絡や依頼に対して、心良く対応してくれる点がフリーランスに発注するメリットだと自分は考えます。

例えば金曜日の夜に修正案件を依頼し、週末には対応済み、ということも依頼内容によっては可能になります。

一般的な業務時間外でも連絡すれば検討、対応してくれるのは依頼する側にとってかなりのメリットになり得ます。

2.ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼するデメリット

ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼するデメリット

次にフリーランスにホームページ作成を発注する際のデメリットを説明します。

2-1.個々でのスキル差がある

最近はTwitterやYouTubeでのインフルエンサーの発信や、多くの学習スクール開設の影響もあり、Webのスキルを活用したフリーランスでの独立、副業などの需要が高まっています。

その中にはしっかりとしたスキルがあるフリーランスがいる反面、1ヶ月ほど本やネットで勉強しただけのスキルが高くないフリーランスがいるのも事実です。

一方、制作会社の場合はある程度スキルの保証がされているので、スキルが低い人が担当に付く可能性は非常に低いです。

2-2.プロ意識・責任感のばらつき

フリーランスに依頼する際のメリットとして「コミュニケーションが素早く円滑に進みやすい」、「土日祝日、時間帯問わず仕事の依頼が可能」などを挙げましたが、プロ意識や責任感のないフリーランスだとこれらのメリットは期待できません。

基本的に「連絡をして1日以上返信がこない」、「土日はお休みもらいます」などの対応、発言をするフリーランスには仕事を依頼しないほうが賢明です。

フリーランスによっては急に連絡が取れなくなった対応があまりにも遅いという話はよく聞きます。こちらもスキル同様、個々でバラツキがあるのはどうしても避けられないデメリットだと思います。

2-3.納期遅延や急な廃業リスク

フリーランスは基本的に1人で業務を遂行してる場合が多いので、作業者自身が病気や怪我などで業務遂行が不可能になった場合、納期が延びたり、納品そのものが不可能になるリスクがあります。

その他、急に業績が悪くなって事業自体が廃業してしてしまうリスクも、制作会社と比べると高いという点が挙げられます。

3.ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼するときの注意点

ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼するときの注意点

フリーランスに依頼する際に注意しておきたいポイントとしては

  • ホームページ設計から制作まで実行できるスキルがあるか
  • ホームページを納品するまで、きちんと対応してくれる責任感があるか

大きくこの2つに絞られると思います。

しっかりとしたホームページ制作のスキルをもっているかどうかは、契約前の打ち合わせ時などにホームページを作成する際の技術的な質問をしてどう答えるのかを確認するのが確実です。

技術的な質問に関しては別の記事で「ホームページ制作を依頼する前にチェックするポイント」、「ホームページ作成でやってはいけないこと」、これらをまとめて解説した記事があるのでよかったら参考にしてみてください。

責任を持って最後まで対応してくれるかのところは、過去の制作実績の確認が1番信頼できる要素になるでしょう。

過去の実績だけでなく、そのフリーランスのSNSを見るのもおすすめです。

Twitterを例にすると、「プロフィール文」や「普段どんなツイートをしているのか」などを見れば、その人の人間性や仕事に対してどのような意識で取り組んでるのかを事前に確認できる1つの要素になるでしょう。

4.安心して依頼できるフリーランス(個人)の探し方

安心して依頼できるフリーランス(個人)の探し方

ここでは実際に信頼できるフリーランスの探し方を説明します。

まず始めに他サイトの記事で、クラウドソーシングをおすすめしている記事をよく見かけますが、正直クラウドソーシングで探すのはあまりおすすめしません。

理由としてはクラウドソーシングは現状、一定の価格崩壊が発生している状況です。それらが理由で希望単価もスキルも低いフリーランスが多数登録されており、それらのフリーランスとマッチングする可能性が非常に高くなってるのが理由となります。

既存のホームページの一部修正や、記事執筆などの小規模な依頼は選択肢に入れても良いと思いますが、ホームページの新規制作やリニューアル案件などの案件規模の場合は、自分自身のホームページ(ポートフォリオなど)やSNSなどで営業活動しているフリーランスに頼むのが賢明です。

4-1.知人からの紹介や口コミ

周りにいる最近ホームページの作成やリニューアルを行った企業の方や、知人で「インターネットやWebに詳しそうな人」に紹介してもらうのもおすすめです。

知り合いの方からの紹介なら、途中で連絡が取れなくなるような、責任感がないフリーランスとのマッチングする確率もだいぶ低くなると思います。

4-2.TwitterやFacebookなどのSNS

TwitterやFacebookなどのユーザー検索機能で、「ホームページ制作 フリーランス」や「Web制作 フリーランス」などで検索するとフリーランスの制作者を見つけることができます。

特にFacebookは実名登録なので、匿名のSNSよりは信頼できるフリーランスにマッチングする可能性は高いです。Facebookに限らずTwitterなどで探す場合も、自身のホームページや制作実績を載せている人に連絡を取ってみるのが良いと思います。

最後に

今回の記事では「ホームページ作成をフリーランス(個人)に依頼する時の注意点」を解説しました。

フリーランスに依頼する際の注意ポイントを依頼者側が事前に把握しておくと、契約後のトラブルを回避できるようになりますので、本記事の内容が読者の為になれば幸いです。

最後に当サイトのウェブグロースでもホームページの制作受注を受け付けております。

ウェブグロースの強みとしては

  • 過去制作実績100件以上
  • 競合サイトのリサーチを徹底し、ホームページの設計段階から作り込み
  • 初期費無料、月額1~10万円範囲で4種類のプランをご用意
  • ホームページ納品後のアクセス数アップまでサポート可能

上記の内容でホームページ制作が可能です。

ホームページ制作に悩んでる方向けの無料相談も受け付けてますので、お気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。