ECサイトの構築費用と料金相場を解説【構築方法も】

ECサイトの構築費用と料金相場を解説【構築方法も】

ECサイトを作りたいと考えているが

  • 料金相場はどれくらいなのか?
  • 見積もりを取ったら、金額の差が凄すぎて判断ができない
  • 制作会社がありすぎて、どこに頼めばいいか分からない

このような悩み、場面に遭遇したことはありませんか?

今回の記事はECサイトの制作費用と料金相場を知りたい方に向けて書いた記事となっています。

ECサイトを構築する手法」、「ECサイト制作時の注意ポイント」についても紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。

1.ECサイトの構築費用・料金相場

ECサイトの構築費用・料金相場

どのサイトにもよりますが、制作時の費用は何を目的にするのかで大きく変わります。

ざっくり言うなら

  • 低コストでECサイトを開設したい→ 10~50万円
  • オリジナルデザインでこだわったECサイトを開設したい→ 100~500万円

このような感じになります。

下記に目的別の詳細表になります。

目的初期費用構築方法
コストを最小限に抑えたECサイトを開設したい5~10万円Amazonや楽天市場などに出品する方法
デザインには多少こだわったECサイトを作成したい10~100万円BASEやShopifyなどのASPカートで構築する方法
オリジナルのデザインとコンテンツで本格的なECサイト運用を行いたい100~500万円オープンソースやECパッケージを利用する方法

ECサイト開設の費用と相場を知るためには、「どのようなECサイトの開設方法があるのか」を事前に知っておく、理解する必要があります。

2.ECサイトを構築するための手法をそれぞれメリット・デメリット付きで解説

ECサイトを構築するための手法をそれぞれメリット・デメリット付きで解説

ECサイトを構築する手法として

  • ECモール
  • ASP
  • オープンソース
  • ECパッケージ

主に上記4つの構築手法があります。

ここからは4つの構築手法ごとの特徴(メリット、デメリット)を書いていきます。

2-1.ECモールの特徴

ECモールとはAmazonや楽天市場などのモール型サイトのことで、そのプラットフォーム内に出店(出品)する形式を取ります。

メリット

  • 初期費用が比較的少なめで簡単にスタートできる
  • ECモール自体に信頼性と集客力あり

デメリット

  • デザインなどのカスタマイズ性がない
  • 独自のブランド感、独自性を出しにくい
  • 売上からロイヤリティをモール側に支払う必要がある
こんな方におすすめ

コストを最小限に抑えたECサイトを開設したい

2-2.ASPの特徴

ASPとはApplication Service Providerという略でECサイトのシステムをブラウザ上で使わせてもらえるものです。

メリット

  • 構築費用とランニングコストが比較的低めで手軽に始められる
  • ECモールと比べてある程度デザインのカスタマイズ性はあり

デメリット

  • あくまで外部のシステムに依存しているので、自社のシステムとの連携は困難
  • 後述のオープンソースやパッケージ型に比べ、カスタマイズ性が低い
こんな方におすすめ

デザインには多少こだわった独自性のあるECサイトを作成したい

2-3.オープンソースの特徴

オープンソースは無料で公開されているECサイトの構築システムのことです。

誰でも無償で利用でき、ソースコードが公開されているためカスタマイズ性も高いです。

メリット

  • 無料で利用できる
  • 自由にカスタマイズ可能

デメリット

  • 専門知識が必要
  • サポートは基本的になし
こんな方におすすめ

Web制作の知識(HTML、CSS、JavaScript、PHP)がある方で、オリジナルのECサイトを構築したい方

2-4.ECパッケージの特徴

ECパッケージとは、ECサイト構築のシステムを開発会社が用意して販売しているパターンとなります。

メリット

  • 自由にカスタマイズ可能
  • 大規模なECサイトの構築が可能
  • 開発会社が販売しているのでサポート体制がしっかりしている

デメリット

  • 初期費用、ランニングコストが今までの構築手法と比べて高め
  • システムのバージョンアップ時に費用が掛かる
こんな方におすすめ

Web制作の知識はないが、大きな予算は掛けれて、オリジナルのECサイトを構築したい方

3.ECサイトの各構築方法それぞれの料金を比較

ECサイトの各構築方法それぞれの料金を比較

ECサイトの構築手法ごとの特徴を書いたので、ここからは構築手法ごとの代表的なツール、システムの費用を比較した表を載せていきます。

3-1.ECモールの料金比較

 Amazon楽天市場

Yahoo!

ショッピング

初期費用無料6万円無料

月額費用

大口:4,900円
小口:無料
月額出店料:50,000円
その他利用料により変動
無料
売上手数料販売手数料
8~15%
(商品のカテゴリーによって異なる)
月間売上高の
2~4.5%
(その他手数料あり)
無料
※別途費用が発生する場合あり

3-2.ASPの料金比較

 BASEShopifyショップサーブ
初期費用

無料

無料15,000円
月額費用無料
※BASEロゴを非表示にする場合に500円

3,000

~30,000円
※機能追加で別途費用発生

11,400

~50,000円

売上手数料

注文の会計時にサービス利用料(3%)と

決済手数料(3.6%+40円)

3.4%2.8%~5.0%
※決済手段で異なる

3-3.代表的なオープンソースの紹介

オープンソースは名前のとおり、無料で公開されているので料金の比較はできません。少額ですがサーバー代のみランニングコストとして掛かります。

ここでは国内で主に使用されている、代表的なオープンソースをご紹介します。

EC-CUBE

EC-CUBE(イーシーキューブ)は日本製のECオープンソースです。

EC-CUBEは「会員機能」や「カート機能」といった基本的なEC機能に加え、プラグインの追加で「クーポン機能」、「関連商品表示」、「メルマガ配信機能」などの様々な機能を、まるでWordPressのように拡張していくことが可能です。

EC-CUBEの公式サイトでは制作パートナーの情報ページが充実しているので、制作会社に依頼を任せる場合でも、EC-CUBEからの信頼性がある制作会社を選定ができるので安心です。

EC-CUBE
EC-CUBEの公式サイトはこちら

Magento

Magento(マジェント)はAdobe社が提供するECコマース専用のオープンソースプラットフォームになります。

Magentoの特徴としてカスタマイズ性とデザイン性に優れていることが挙げられます。Adobe社が提供していることもあって柔軟性が高く、刻々と変化する消費者の購買パターンに対応してくれます。

有償・無償の拡張機能(Extension)も提供、アップデート対応されているので、店舗の機能をどのような形にも補強することが可能なのも嬉しいポイントです。

基本的に英語ベースでの情報記事がメインなので、自分で自由にカスタマイズしたい人は、英語に慣れている人じゃないと厳しいでしょう。

Magento
Magentoの公式サイトはこちら

3-4.代表的なECパッケージの紹介

ECパッケージの導入費は基本的にどの開発会社も、ECサイト自体のカスタマイズ内容や導入規模によって価格が変動するため、お問い合わせを行って、個別に費用を見積もってもらうケースがほとんどです。

オープンソース同様、料金の比較ができないので、ここでも国内で主に使用されているECパッケージをご紹介します。

EC-ORANGE

EC-ORANGE(イーシーオレンジ)はPHPのフレームワークであるLaravelで開発された国産のECサイト構築パッケージです。

EC-ORANGEの特徴として、強固なセキュリティ環境構築と長年の運用ノウハウによる、多様な構築モデルに対応可能なことが挙げられます。

公式サイト内の導入実績ページでは多数の大手企業がEC-ORANGEを使用していることが分かるので、事例紹介のページ内で自分の業種と似たような事例を確認できますので、一度確認してみるのをおすすめします。

EC-ORANGE
EC-ORANGEの公式サイトはこちら

ecbeing

ecbeing(イーシービーイング)は国内構築実績No.1(1300件)もの実績を誇る、ECサイト構築パッケージです。公式サイト内の導入事例ページからもわかるように、名だたる大手企業の名前が掲載されています。

ecbeingの特徴としては、ECサイトの標準機能はもちろんのこと、最新のトレンド機能の随時追加、安心安全な専用セキュリティシステム、国内最大クラスのサポート体制、これらに加えてさらにECサイト完成後のマーケティング支援まで付いてくるので驚きです。

サイト内の文言を見ると「中堅・大手企業向け」と謳っているので、初期費用やランニングコストは他のECパッケージ会社と比べると高めに設定してあると思われますので、大きい予算を掛けれる企業などに推奨されるサービスではないでしょうか。

ecbeing
ecbeingの公式サイトはこちら

ebisumart

ebisumart(エビスマート)は導入実績 累計700サイト以上を誇る、国内製のECサイト構築パッケージです。

ebisumartの特徴としては、顧客の用途に合わせた3種類の料金プラン体系を用意しているところです。

プラン内容の詳細は下記のとおりです。

 従量課金プラン固定料金プランレベニューシェアプラン
プランの概要サイトのアクセス数によって毎月の費用が変動毎月の利用料金を固定したプランサイト売上に対して一定の料率を支払うプラン
初期費用
※カスタマイズ内容により変動
300万円〜300万円〜1000万円〜
月額費用基本保守料金+カスタマイズ機能保守費用+オプション利用料金+アクセス費用(変動)基本保守料金+カスタマイズ機能保守費用+オプション利用料金+アクセス費用(固定)毎月の売上金額の2.5%〜

事前に料金体系が見れるのは、購入の検討をする上で嬉しい情報です。料金体系や初期費用が自分の予算感に合うようであれば、一度お問い合わせをして、より詳細な見積もりを出してもらうのをおすすめします。

ebisumart
ebisumartの公式サイトはこちら

4.ECサイト構築の際に注意したいポイント

ECサイト構築の際に注意したいポイント

これまでECサイト開設の費用相場や構築手法の紹介をしてきました。

しかしこれだけ構築の手法がある中で、人によっては比較的安く費用が抑えられる「ASPを選定して、制作のほうは代行会社に頼もうかな?」と考えが生まれている人もいるかと思います。

ここからは制作会社に制作代行を頼む際やECサイトが完成したあとの運営を行う際の注意するポイントを紹介します。

これらのポイントを押さえればECサイトを構築する際の料金をなるべく安く抑えることも可能なため、是非チェックしてみてください。

4-1.決済機能はなにを使用するのか

ECサイトにおいて、お客様が実際に買い物をするときの決済手段を検討しておきましょう。

一般的に採用されているのが、「クレジットカード払い」、「銀行振込」、「代金引換」です。どの決済手段を採用するのか、またいくつ選ぶのかで制作費用は変動します。

あくまでここはお客様ファーストで考えて、お客様が必要だと思われる決済手段は全て採用するのがおすすめです。希望の決済手段がないと購入フローから離脱してしまう可能性もあります。一般的な決済手段である「クレジットカード決済」機能は少なくとも採用するのが賢明でしょう。

4-2.ささげ業務をどこまでまかせるのか

ささげ業務の説明からしますと、商品をサイトに掲載する時に発生する作業として、「撮影(商品画像の準備)」、「採寸(商品の詳細情報)」、「原稿作成(商品の説明文の作成)」といった3つの作業をささげ業務と言います。

これらの作業をどこまで自分でやって、どの作業を制作業者に任せるかで、費用が変動しますので、事前に決めておく必要があるでしょう。

4-3.集客方法によるサイトへの流入経路

Webサイト構築全般に共通することですが、サイト構築後に課題となるのが集客です。

開設したばかりのECサイトではなかなかアクセスが集まらないので、顧客をサイトへ誘導するためにWebマーケティングを行う必要があります。

主な施策としては

  • SEO対策
  • Web広告(リスティング、ディスプレイ、アフィリエイトなど)
  • SNS運用(Twitter、Fabebook、Instagram、YouTubeなど)

これらが挙げられます。

ECサイト開設後の集客運用まで任せるとなると、それなりに追加費用が掛かりますので、こちらも事前に決めておくことをおすすめします。

4-4.物流業務の範囲は?

ECサイトを運営するならば必ず発生する作業として、商品を購入したお客様へ商品を発送する作業があります。商品の梱包から発送作業まで、基本的には人件費が掛かります。

スモールスタートの場合、自社で運用するのも手ですが、時間と労力を削減するのであれば、外部業者に頼んでしまうのも1つの選択肢になりますので、検討しておきましょう。

まとめ

本記事ではECサイトの制作費用と料金相場を解説しました。

本記事で書いた制作前に注意するポイントや確認事項を意識しながら、自分に最適なEC構築ツール、制作会社の選定を行ってください。

別の記事でWebサイト全般の制作を依頼する前のチェックポイントをまとめた記事もあるので、よかったら見てみてください。

最後に当サイトのウェブグロースなら

  • BASEやShopifyを使用したECサイトの構築
  • サイト納品後も継続的なサイト修正、更新に対応
  • SEO対策やWeb広告運用などのマーケティングサポートにも対応

上記のような制作条件でECサイトの構築が可能です。

ECサイト構築に悩んでいる方は、無料での相談を受け付けてますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。