コーポレートサイト(企業サイト)の制作費用と料金相場を解説【必要な要素も一緒に】

コーポレートサイト

コーポレートサイト(企業サイト)を作りたいが

  • 料金相場はどれくらいなのか?
  • 見積もりを取ったら、予想以上の金額が出て困惑している・・・
  • そもそも制作会社がありすぎて、どこに頼めばいいか分からない

このようなお悩みはありませんか?

この記事はコーポレートサイト(企業サイト)の制作費用と料金相場を知りたい方に向けて書いた記事となっています。

有名な制作会社数社の実際の料金」、「コーポレートサイトに必要な要素」、「制作費用を抑える方法」についても紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。

1.コーポレートサイト(企業サイト)の制作費用・料金相場

コーポレートサイト(企業サイト)の制作費用・料金相場

どんなサイトにも共通することですが、制作時の費用は何を目的にするのかで大きく変わります。

ざっくり言うと

  • シンプルな一般的なサイト→ 5~30万円
  • オリジナルデザインで作り込んだサイト→ 100万円以上

上記のようなイメージです。

下記はサイト作成における目的別の詳細表になります。

目的初期費用運用費用
Webの名刺代わりにホームページを作成したい5~30万円1~2万円/月
Webからの集客や売上効果を狙いたい50~100万円30~50万円/月
会社の商品やサービスのブランディングを行いたい100~300万円10~30万円/月

本格的な集客やブランディングを目標として行っていく場合は100万以上の費用が掛かります。上記の表では新規作成を想定しましたが、リニューアル案件でデータやサーバーの移行が含まれる案件の場合は400~500万円かかることもあります。

しかし改めて料金表を確認してみると一つの目的でも金額に結構ばらつきがあると思いませんか?

これは制作会社によって「初期費用をメインで料金を取るのか」、「月額のランニングコスト内で料金を取るのか」、「付随する各オプションの料金割合がどれだけ高いのか」、これらの要素で費用が上下します。

各制作会社ごとに変数がありすぎるので、上記の表はあくまで目安といった数値になります。

2.コーポレートサイト(企業サイト)に必要なページ

コーポレートサイト(企業サイト)に必要なページ

制作会社によっては

「○ページ以上からは追加で費用が掛かります」

このような料金体系を提示している会社もあるので、事前にどれくらいのページ数が必要なのか、制作会社に相談する前にある程度把握しておくのがおすすめです。

下記はコーポレートサイト運営する上で必ず用意したほうが良いページです。

  1. トップページ
  2. 会社概要ページ
  3. 事業案内やサービス紹介ページ
  4. お知らせページ
  5. 訪問ユーザへ提供するコラム、記事ページ
  6. プライバシーポリシーページ

業種や事業規模によっては、「社員紹介ページ」、「実績紹介ページ」、「採用情報ページ」などが必要になるかもしれません。

3.実際のコーポレートサイト(企業サイト)制作料金の事例

実際のコーポレートサイト(企業サイト)制作料金の事例
初期費用運用費用
A社5,5000円5,500円
B社98,000~178,000円4,800~6,700円
C社500,000~2,500,000円不明
D社不明10,000円~

実際にWeb広告に上位で表示される制作会社さんを数社ピックアップしました。

1.コーポレートサイト(企業サイト)の制作費用・料金相場」でも説明したとおり、実際の金額を見ても、制作会社ごとにかなりバラツキがあるな、というのが正直なところです。

制作料金を明確に表示されていない制作会社も多数あるので、そのような会社には、まずお問い合わせをする形にはなってしまいます。

4.コーポレートサイト(企業サイト)の制作費用を抑えるには?

コーポレートサイト(企業サイト)の制作費用を抑えるには?

これはコーポレートサイトに限らず、ランディングページやメディアサイト作成の時などにも共通する点なのですが

  • 一部の作業(画像の用意や文章の作成)を発注側が用意する
  • 多数の制作会社に見積もりを取る
  • 作成後の保守管理などの運用を自社で内製化する

一部の作業(画像の用意や文章の作成)を発注側が用意する」に関しては、そもそも自分達で画像やテキストを用意できる時間があるのなら、自作でサイト作成をする形を取るはずですし、「多数の制作会社に見積もりを取る」はWeb制作会社に対して、打ち合わせ時に過度な価格交渉をしてしまいがちなので、結果的に制作会社からの信頼を失ってしまい、無事に契約できたとしても、その後の制作に支障をきたす可能性もあります。

最後に「作成後の保守管理などの運用を自社で内製化する」は3つの案の中で一番おすすめです。

ホームページやWebの知識がゼロの状態の場合だと、いきなり自社で運用するのは難しいと思います。

最初はプロに任せる形を取り、その際に実際のプロが行う保守管理方法や集客運用のノウハウを色々聞きながら学んでいき、徐々に内製化をするのを目指します。

その後、自社で運用できるタイミングになったところで、自社運用に切り替えるのがおすすめです。

その際は前提条件として

  • 契約の縛りがない(途中でいつでも解約可能
  • 将来的には自社で内製化をしたいこちら側の希望を取り入れてくれる

このような制作会社を選定するのが良いと思います。

最後に

本記事ではコーポレートサイト(企業サイト)の制作費用と料金相場を解説しました。

本記事で書いた制作前の準備や確認するポイントを意識しながら、自分に最適な制作会社を選定してください。

別の記事でホームページ制作を依頼する前のチェックポイントをまとめた記事も書いたので、よろしければ御覧ください。

最後に当サイトのウェブグロースなら

  • 初期費用無料、月額1万円からコーポレートサイトの作成が可能
  • 競合サイトのリサーチによる、必要ページやコンテンツの事前準備
  • サイト納品後も更新無制限で対応可能
  • 1ヶ月前のご連絡なら、いつでも解約可能

上記のような制作手法、条件でコーポレートサイトの制作が可能です。

コーポレートサイト制作に悩んでいる方は、無料での相談も受け付けてますので、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

この記事の著者:たまよせ けんじ

個人事業でWeb制作、Webマーケティングの業務を行っています。WebマーケティングだとSEOが得意です。お仕事のご相談があればお気軽にご連絡ください。